HOME
> Home > スタッフのつぶやき


わたしたち福中協スタッフは、設計と組合の事務運営をしています。
家のことなら、まずは私たちにご相談ください。

 

組合が発足して34年が経過しました。多くの住まい手様に支えられこれまで暮らし方を重視した家づくりや町医者的存在としてメンテナンスし、永く住むための家守りをしてきました。「これまでもこれかも」更に歴史を刻みます。(大里)

いま、大切なことは何ですか?ひととのつながり・自然・暮らし。大切にしたいことがたくさん。陽だまりホールでたくさんのひとと調和しながら日々の丁寧な暮らし方について一緒に考えていきたいと思います。(加納)

家は商品ではないと思います。「買う」のではなく「つくる」ものです。土地(敷地)の状況や暮らし方、住ま
い方を考え、それを形にしていく。そんな家づくりのご提案ができるよう取り組んでいます。(宇佐美)

皆様の快適な暮らしのコーディネートでお手伝いできることを楽しみにしてます。人とのつながり、カフェ、生活の学びを体感できるバンビの木箱にもぜひ遊びに来てください。(田中裕子)

仕事・学校・・日々の生活の疲れを“癒やす”所が家だと思います。また、家族の思い出や絆を深める所でもあります。家も人も、同じで日頃の手入れが必要です。
その“癒やし”の場を、長く・快適に使えるように
皆様のお手伝いができれば と思ってます。(鹿毛)

住宅の購入は人生の大きな選択のひとつにになります。
ずっと住む家だからこそ、家族構成や生活の変化など
お客様のニーズやこだわりを満たせる家づくり一緒に考え提案をしてまいります。(友野)

 
【グリーンフォレスト福岡】
こんなところで寝たら、きっといい夢を見ることだろう。部屋の各所に使われた杉板の香りが漂ってきそうな木のぬくもりを感じる家づくりを考えている皆様に、「うきはの森」へご案内いたします。街と森が繋がる「家づくり」。ステキですよ。
小林司
【バンビの木箱】
「こんな所でお仕事できて羨ましい!」お客さまによくかけられるお言葉。木の空間の心地よさを身近に感じながら、暮らしのことから環境のこと、社会、子どもに残す未来のことまでを考え語り合う「場」をじっくり紡いでいきたいです。
田中歩

 

Fukuchukyo

Copyright Fukuchukyo All rights reserved.