HOME
> Home > OMソーラーシステム

 

Winter
■外気取入れ口
軒下から新鮮な外気を取り込みます。

■集熱空気層

「空気の通り道」です。空気は屋根に降り注ぐ太陽の熱で温められながら、秒速数10cm程度の速度で、棟に向かって昇っていきます。

■棟ダクト
大きな屋根面から集熱した空気を、1箇所に集めるためのダクトです

■ガラス付き集熱面
ガラス付き集熱面は、屋根面を外気温と風による放熱から保護して、集熱された空気の温度をさらに高める役割をします

■屋根で太陽の熱を集める。
太陽があたって屋根面 が熱くなると、外の冷たい空気が軒先から屋根の通気層に入ってきます。この空気は太陽の熱で温められながら、どんどん上に昇っていき、ガラス付き集熱面 でさらに温度を上げ、棟ダクトに集められます。地域や季節の条件によってちがいますが、冬の快晴の日であれば、集熱温度は約60℃ほどにもなります。


ガラス付き集熱面は、強化ガラスを使用しています。
 
■ファンを使って熱い空気を床下に送る。
屋根で集熱して棟ダクトに集めた熱い空気は、ハンドリングボックスを通 って床下に送られます。箱の中は、ダンパーという名前の開いたり閉じたりする弁と、ファンの入った、簡単なしかけです。ここで空気の行き先を交通 整理する、つまり熱と空気をコントロールするわけで。
■ハンドリングボックス
OMソーラーシステムの中で一番メカニックな部分です。太陽の熱で温められた空気はここに集められ、小型ファンの力を借りて、床下へと送られます。


ハンドリングボックスは太陽電池パネルで発電して動く自立運転型です。
■床下のコンクリートに熱を貯める。
立ち下りダクトを通して送られてきた熱い空気は、床下の空気層をゆっくりと流れ、蓄熱コンクリートを温めながら、適温の微風となって室内に吹き出します。 太陽が沈んだ後も、床下のコンクリートからの放熱で部屋全体の床を床暖房します。日中に太陽の熱を貯めておいて、その熱の貯金を夜明けまで使おうというわけです。
■蓄熱コンクリート
熱い空気は、床下の蓄熱コンクリート熱を蓄えさせながら、室内へと流れでます。夕方、外気温の低下とともに、ゆっくりと放熱し、床全体を温めます。

 

 


All Season
■太陽の熱を使って、お湯を採る。
給湯は、効率を考えて2段階のしくみになっています。まず熱い空気がハンドリングボックス内のお湯採りコイルという場所を通過します。ここでコイル内を循環する不凍液を温めます。次にこの温水が給湯タンク内の熱交換器の中を流れることで熱いお湯を採っていくのです。お湯採りの性能には地域差がありますが、春から秋にかけて30〜50℃のお湯が約300リットル。お風呂もシャワーもたっぷり使えて、とても経済的です。


一軒の家で1年間に使うエネルギーの約3割は、給湯用というデータがあります。それを太陽の熱でまかなうことは、家計にも環境にも幸せなことですよね。

Summer
■夏の昼は、屋根や床下の蒸した空気を排気します。
夏の昼は、屋根がカンカンに熱くなるでしょう。その熱気を建物の外に排気し、少しでも暑さをしのごうというわけです。屋根を昇ってきた熱い空気でまずお湯を採り、さらに使い切れなかった熱を外へ逃がします。床下のよどんだ空気も引き上げて、じめじめした空気を排気します。


建物全体に受ける熱を少しでも減らすことで、もちろんクーラーの効きだってちがってきます。

■夏の夜空から涼しさをもらう

夜空に向かって地表の熱が吸いあげられる。放射冷却という地球がもつしくみをつかって夜間採涼します。屋根が夜空によって冷やされることを利用して少しでも温度の下がった涼風を部屋の中に採りこんでいくのです。冷房とまでは、いえないけれど、自然の心地よさを活かした採涼法です。


星空がよく見える土地ほど、放射冷却の効果 が期待できますよ。

 

Fukuchukyo

Copyright Fukuchukyo All rights reserved.