HOME
> Home > 「耳納杉」の家 仕様変更のお知らせ
 

「耳納杉」の家 仕様変更のお知らせ


2021年4月1日

2005年度より福岡県産・自然乾燥材の家づくりを行いたいとの思いから耳納杉産直ネットワークを
組織し、森林組合・製材所・福中協とが連携してきました。多くの住まい手の皆様に共感いただき15年間活動・供給を行ってまいりましたが、15年を振り返りこれからの「耳納杉」について検討した結果、仕様の変更をすることとなりました。

変更内容

1,品質の向上
 ・人工乾燥に変更することで含水率20%を確保し割れなどの変形を抑制します。
 ・原則として全棟構造計算を実施し耐震等級3で設計します。

2,木材供給に関して
 ・自然乾燥から高周波人工乾燥に変更
 ・柱寸法を120×120mmから105×105mmに変更します。
 ・梁桁材幅を120mmから105mmに変更します。

3,「耳納杉」産直ネットワークを組織する製材所を岩佐製材所から、
  うきは市の(株)堤木材に変更します。

以上が変更点となります。これまで同様、福岡県産「耳納杉」を利用しての家づくりとなりますので、今後もご支援を賜りますようよろしくお願い致します。

「耳納杉」産直ネットワーク
  ・浮羽森林組合
  ・樺逍リ材
  ・福岡中小建設業協同組合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fukuchukyo

Copyright Fukuchukyo All rights reserved.