HOME
> Home > 新築住宅 > 長期優良住宅    





「長期優良住宅」とは、劣化対策、耐震対策、維持管理対策、省エネ対策などの項目について一定の性能が確保され認定された優良な住宅をいいます。09年6月から始まった国土交通省の事業です。

詳しくは国土交通省のホームページをご覧ください。



雨や大気中の汚染物質などの影響により、自然に腐ったり錆びたりして劣化します。
柱、梁、主要な壁などに構造体として使用されているものに対して、
より耐久度のある材料を使用します。


震度6強〜7程度の極めて大きくまれな地震の1.25倍の力に対しても、
人命が損なわれない壊れ方をする対策
筋交の入れ方、バランス、床と壁の構造を踏まえた設計をします。




給排水管・給湯管など、住宅の重要な設備をコンクリートに埋めたり、
内外装で隠さず、配置に配慮したり、掃除点検口などを設けます。


構造自体の断熱や気密性、冬の日の採り入れ量増加、夏期の日差しを遮る設計など、
住宅本体の効果についての対策をします。


くわしくはお電話 または E-mail でお問い合わせください。


 

 

 

 

 

 

Fukuchukyo

Copyright Fukuchukyo All rights reserved.